アンモナイト

分類名:アンモナイト亜綱学名subclassis Ammonoidea)は、古生代シルル紀末期(もしくは[1]デボン紀中期)から中生代白亜紀末までのおよそ3億5,000万年前後の間を、海洋に広く分布し繁栄した、頭足類分類群の一つ。全ての種が平らな巻き貝の形をした殻を持っているのが特徴である。

古生代と中生代の下位に当たる各年代を生きた種はそれぞれに示準化石とされており、地質学研究にとって極めて重要な生物群となっている。

アンモナイト亜綱は、オルドビス紀から生息するオウムガイ亜綱Nautiloidea)の中から分化したものと考えられている。以来、彼らは実に長くの時代を繁栄していたが、中生代の幕引きとなる白亜紀末のK-T境界を最後に地球上から姿を消した。

 

Goniatites

は(もceratitidaとAmmonitidaアンモナイトや”本物の”中生代を含ん)アンモナイト亜綱のサブクラスの順番です。 goniatitesは、初期デボン紀(約400万年がある)に浮上しました。彼らは251万年(絶滅ペルム紀)がある、石炭とペルム紀に彼らの最大の開発に達し、この期間の終了時に消失しました。

Loading...
×